[退職会員]退職者会員配偶者死亡弔慰金

(内 容)
退職者会員配偶者が死亡したときは、死亡弔慰金として50,000円を給付します。ただし、1985年度(昭和60年度)以前の加入者については、「退職会員の部」会員の一時掛金の6分の1の額を給付します。また、最高限度額は、50,000円とします。

ただし、加入後5年間は下記の金額を加算給付します。
・加入後2年以内は退職互助部加入金から15万円を控除した額
・加入後2年を越えて5年以内は退職互助部加入金から15万円及び退職互助部の療養補助金給付額を控除した額

(請求・添付書類)
退規様式第5号「退職会員の部」死亡弔慰金請求書に死亡が確認できる書類と、死亡者と請求者の続柄が確認できる書類を添付して請求してください。

請求書用紙はこちら